61:ユニバーサルキャビネットシリーズラッチ

この軽量用途向けの多彩なラッチ設計の特長は、「無駄のなさ」と「効率の良さ」です。丸穴ひとつで行えるパネルの前処理と圧入リテーナークリップにより、取りつけが簡単です。位置決めねじによる位置決めとロングシャフトオプションにより、素早くさまざまな用途にあわせたグリップ調整ができます。
61:ユニバーサルキャビネットシリーズラッチ
ユニバーサルキャビネットシリーズラッチを採用すると、簡単に作動スタイルやシャフト長さを選択でき、取り付け、調整、操作、すべてが簡単に行えます。
  • シャフトアセンブリにレテーナーを押し込むだけの簡単な取り付け 爪の位置決めネジにより、まで調整可能 オプションのフラッシュカップ取り付けには、特別なパネル前処理が必要なく、簡単にリテーナークリップでカップをシャフトに固定できます
  • 作動オプションには、鋼製Lハンドル、およびスロット型と熱可塑性プラスチックノブ型があります スロット型アクチュエータ用にフラッシュ取り付けカップをご用意 リテーナークリップ取り付け工具は取り付け時間を短縮し、シンプルにします
  • 最大使用荷重は110N(25ポンド)です
  • 現場でのグリップ調整(最大値はシャフトの長さによって異なる)が簡単に Lハンドル型のグリップは最大32mm(1.25インチ)まで調整可能 ノブ型のグリップは最大44.5mm(1.75インチ)まで調整可能 スロット型のグリップは最大57mm(2.25インチ)

61:ユニバーサルキャビネットシリーズラッチ

表示方法 リスト

11 注文

降順
表示方法 リスト

11 注文

降順